英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

[中1英語をひとつひとつわかりやすく][インターネット家庭教師][並べ替え 英語][並べ替え 英語][家庭ネット][英語 並び替え問題][児童英語教師・小学校英語指導者向け][レッスンポッド][中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく][安い英会話スクール][英語 ノートの取り方][英語 問題集][七田式教育][スタディ サプリ ワンダフル キャンペーン][石原さとみ 英語 勉強法][英会話スクール おすすめ][オンライン英会話 エイゴックス][オンライン英会話 hanaso][スピードラーニング 英語][子供 英会話 教材]

勉強

学校の勉強をしていて「ノートのまとめ方」「ノートの取り方」「ノートの書き方」は自己流の場合が多い。

家で復習する時など、その日の授業内容が分からなくて困ることってありませんか?

黒板の板書をただ書き写しているだけでは復習する時に思い出せません。

では、どうやって英語のノートを作ればいいのでしょう。

ここでは英語の文法を効率よくノートに書く方法をまとめています。


◆ ノートに書く=後から見直したときに理解するため


勉強のプロである現役の東大生はどのようにノートを取っているのでしょう。

通常、ノートは1教科で1冊という方が多いと思いますが現役の東大生は少し違うようです。


◆ 英語の教科の場合は何冊使っている?

・板書用、黒板に書かれているもの
・演習用
・暗記用
・文法用

など英語の教科一つだけでも2~4冊のノートに書き込んでいる。

テストに向けたポイントの整理 → 板書用

自分が間違えた問題の確認 → 演習用

英語の弱点を明確化することで克服するのにも役立ちます。

ノートを使い分けて知識の整理をするのに役立ちます。


◆ ノートの種類

ノートの種類ではルーズリーフは全体の1割程度、ほとんどの方は罫線付きの閉じたノートを使うことで紛失の心配もなく順番に整理できるそうです。


◆ ノートを書くときは何色?

1色のみという方は全体の1割程度で2~3色のペンで色分けしている方がほとんど。

黒・赤・青の3色を使っている割合が多く色が濃くて視認性の高いカラーを使います。

逆にパステルカラーは見誤りが多くなるため、ほとんど使われていません。

さすがは東大生、カラー一つにも遊び心は微塵も感じられません。


◆ 英語のノート作りで、こだわりのポイントは?

・見やすさ
・授業の再現度の高さ
・弱点対策
・情報量の多さ

などに、こだわりを持ってノート作りをしています。

その他のこだわりとして・・・

・分からなかった知識は大きく書く
・スペースを十分に開けて書く
・字をキレイに書く

など、他の学生さんと一緒の回答が目立ちました。

この中でスペースを開けて書くことで復習の際に「書き込み」ができるため「ノートは贅沢に使う」をモットーにしている人も多い。

親御さんから見ればギッシリと隙間なく書いてあるほうが勉強をしていると思うのかも知れませんがスペースを空けることでノートが見やすくなり疑問などを書き込むことができるようになります。

この他にも

・先生の雑談を書き込む
・先生の発言の接続詞以降を重点的に書き込む
・先生の発言のカテゴリー化
・余白を空けて質問・疑問を書く
・ページを二分割し左側には板書の書き込み、右側には自分の感じたことを書く

など、東大生の皆さんは思い思いにノートを使い分けているみたいです。

ノートの書き込みで一番の肝は「授業の再現性」です。

ノートを見るだけで、受けた授業内容が再現できるように工夫しましょう。


◆ 楽天 → 中学生の成績が上がる! 教科別「ノートの取り方」 最強のポイント 55


◆ 楽天 → 子どもに教えてあげたいノートの取り方 成績が伸びる子の勉強術 [ 高濱正伸 ]


どのような学習やスポーツでも「1,000時間」集中して取り組めば、その道で認められる、と言われています。


アルクの1000時間ヒアリングマラソンで英語の道で認められる存在になってみませんか?


アルクのヒアリングマラソンは2パターンの教材をご用意。


◆ 1000時間ヒアリングマラソン 12か月コース 受講料 53,784円

※ 1か月あたり 4,482円
※ 1日あたり わずか150円


◆ ヒアリングマラソン 6か月コース 受講料 30,240円

※ 1か月あたり 5,040円
※ 1日あたり わずか168円


ヒアリングマラソンは決して楽な道のりではありません。

1年で1000時間というと1日あたり3時間の時間が必要になります。

忙しい日でも最低1時間は英語を聞くことを習慣化しましょう。

休日には4-5時間の学習で、しっかりと時間をかけます。

アルクの教材以外でも映画や音楽を英語で楽しむ時間も1000時間に含まれます。


◆ 1000時間ルール、1000時間の法則とは

英語に限らず習い事やスポーツなどで「1000時間ルール」とか「1000時間の法則」という言葉があるのをご存知でしょうか。

1000時間ルールの他にも10000時間の法則があり、10000時間、厳しい練習に耐えることで一流、天才と呼ばれる人間を目指すというものです。

1000時間ルールでは、あまり高いモチベーションを必要とせず、それでいて一定の成果を出す指標として役立ちそうなものとなっています。

さすがに最初から10,000時間はハードルも高く挫折感が常に付きまといそうですが1日3時間、1年で1000時間というと「何だか、できそうな気がする」というモチベーションアップにつながります。

1,000時間を修了した時点で、それなりの成果を得ることができるですから、闇雲に勉強しているよりは達成感があるのではないでしようか。

アルクの1000時間ヒアリングマラソン教材もコストの面からも1日、1か月あたりに換算すると随分とお得な教材だということが、お分かりいただけると思います。


◆ アルク 1000時間ヒアリングマラソン 口コミ

実際にアルクのヒアリングマラソンを体験した方の口コミや評価は気になるものです。

体験談を簡単にまとめていますので参考にしてください。

まず総合評価では☆4.59と評判の良い教材です、しかも約40件ほどの評価で☆1☆2はありません。

充実度の高い英語教材だということがうかがえます。

☆5 1日3時間の勉強は確かに大変ですが、効果は絶大とのことでガンバッテ1年間クリアしたいと思います

☆5 毎月作成されるドラマ・ニュース・インタビューなどなど飽きさせない工夫が多いのが魅力です

☆5 噂の高い1000時間マラソンに夫婦で挑戦します

☆5 年度明けということでもう一度チャレンジ、レベルは高いですが映画情報・俳優インタビューが面白い

☆5 始めるにあたって覚悟は必要ですが見返りもそれなりに大きいので頑張って続けます。

◆ 公式サイト → アルクの通信講座の中身を見る・聞く






↑このページのトップヘ