英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

ハンドスピナー 英語,レッスンポッド 評判,スピークエッセンス,英語 並べ替え 問題集,アルク,英会話教室 横浜,オンライン 英会話,バーチャル英会話教室 申し込み,並び替え 英語,石原さとみ 英語 勉強法

中1英語をひとつひとつわかりやすく

中学生から本格的に始まる「英語」

英語塾や英会話教室に通っているお子さんでも、やはり中学校での英語学習は不安なものです。

・何から手をつけて良いのか分からない
・予習が全然、捗らない

というお子さんには英語の勉強の順序を教えてあげましょう。

英語の勉強法は大きく三つに分けることができます。


◆ 単語 

英語の勉強で低迷する理由の一つに「単語の知識不足」が上げられます。
単語を知らないと文法も読解も進みませんね。
言い換えれば「単語」を知ることで実力アップにつながることは、できる中学生なら知っていることです。
ですので、語彙=ボキャを増やす姿勢が必要です。
単語を覚えるときに漠然と単語を丸暗記するのではなく「名詞」「動詞」「形容詞」の位置づけを意識して覚えましょう。
位置づけができるようになると「過去形」や「進行形」もできるようになります。
こうやって単語を複数、覚え終わったら文法に突入です。


◆ 文法

高校入試の英語は文法がキモ。
苦手意識を持つのは分かりますが、まったく勉強しないということはいけません。
現在形、過去形、進行形を一つ一つ覚えることで入試に有利に展開していきます。
英語を習って英会話を話すというよりは中学の勉強では文法が中心になります。
単語と文法の学習時間を多く取るように家庭学習を見直しましょう。


◆ 長文読解

中学3年の秋以降は長文読解に積極的に取り組むようにしましょう。
経済や社会、ニュースなど様々な話題の英文を読みましょう。
小学生の時に国語で習った「音読」も英語の長文に慣れるためには効果は大きいと思います。


◇ まとめ

中学3年の夏くらいまでは「単語」と「文法」を積極的に勉強しましょう。
コツコツと語彙を積み上げれば自ずと道は開かれます。


自宅で興味を持って英語に取り組むためには飽きの来ない書籍を与えてください。

目で見て音読もしたりと楽しみながら少しずつ単語を増やしていきましょう。

また通販サイトで英語本を買う場合は口コミ・レビューを必ず確認しましょう。

新書でもない限りレビューが付いていない書籍は買うのを見送ることも大切です




中一の英語の勉強で最初に悩むもので動詞とbe動詞の違いがあります。

英語の動詞にはbe動詞と一般動詞の二種類しかありません。

最初にbe動詞のam、are、is、was、wereの5つを覚えてしまい、これ以外は一般動詞と覚えておけば区別がつきやすくなります。


英語にはrun(走る)、play(スポーツなどを、する)など「動き」をあらわす普通の動詞のほかにbe動詞という特別な動詞があります。

be動詞とはam、are、isのことでbeという動詞が変化してできたもの

am、are、isの元の形がbeということですね。

be動詞は「イコール」でつなぐ働きをする動詞です。

I am Judy の場合は I = Judy という働きをします。

日本語の話し言葉では「私、美香」はOKですが英語では「I Mika」はNG

英語の文には動詞が必要」という大原則があるからです。

そのため「イコールでつなぐ動詞」のbe動詞が必要です。


主語がIの時のbe動詞はam

主語がyouの時のbe動詞はare

※ I is ~ you is~ という使い方はしません。

Iの時はam youの時はareなのでルールは簡単ですね。

I am、you areは良く使われるフレーズなので短縮形もあります

I am = I'm you are = you're

英会話ではこの短縮形が良く使われます


じゃ~もう一つの is はどう使うの?

isを使うのはIでもyouでもない場合に使います

主語がIでもyouでもない「1人の人」時はisを使います

he(彼)、she(彼女)、my mother(私の母)・・・などisを使う主語は無数にあります。

Iとyou以外はisと覚えておきましょう。

主語が「1つのもの」の場合もisを使います

this(これ)、that(あれ)、that house、my cat・・・など無数にあります。

that isの短縮形はthat'sですがthis isには短縮形がありませんので注意しましょう。

Iとyou以外の主語が「1人」または「1つ」の時はisを使う、と覚えましょう


isは「1人の人」「1つのモノ」に使うことは学習しましたが複数の場合はisは使えません。

be動詞では主語が複数の場合はareを使います。

these books(これらの本)、my dogs(私の犬たち)のようなsがついた形の複数形にはareを使います


be動詞は主語が「~は」「~が」にあたる語とbe動詞の後にくる語を「イコール」てつなぐ動詞です。

主語がIの場合のbe動詞はam、短縮形はI'm~

主語がyouの場合のbe動詞はare、短縮形はyou're~

主語が単数の場合のbe動詞はis、短縮形はHe's~、She's~、That's~など無数にあります

主語が複数の場合のbe動詞はare、短縮形はwe're~、They're~など無数にあります


分かりにくいbe動詞のことを図解入りで分かりやすく解説している「中1英語をひとつひとつわかりやすく

英語の勉強が初めての方にお勧めですよ~


◆ 楽天 → 中1英語をひとつひとつわかりやすく。 新学習指導要領対応 [ 学研教育出版 ]


◆ アマゾン → 中1英語をひとつひとつわかりやすく。(CD付き)



来年、中学に入学する娘のために「中1英語をひとつひとつわかりやすく」という本を購入。

小学生の時に英語塾へは通っていたのですが5年目で挫折。

今は英語の勉強は何もしておらず親として少し心配になり、この本を買ってみました。


実はこの「ひとつひとつシリーズ」は各教科別にあり、ナント理科のシリーズをすでに勉強済みでした~

家庭学習は子供に任せっぱなしだったので本屋さんにでも行ったついでに、このシリーズの理科を買っていたという・・・

苦手だった理科を、この本で分かるようになった、と自ら経験済のため英語のシリーズも嫌な顔一つせず翌日から予習をするようになりました~

知らなかったとはいえ本当に助かる・・・

レビューでも似たような経験をされている学生さんが多いので「やっぱり分かりやすいんだ~」と納得。

ちなみに各学年の本と中学全般の本がありますので自分の環境にあった本を選べれるのもイイ。

高校受験の学生さんなら、まとめて書いている方が探しやすいかも知れませんね。

来年、中学入学を控えている方には英語の予習本としてお勧めですよ~

◆ 楽天 → 中1英語をひとつひとつわかりやすく。 新学習指導要領対応 [ 学研教育出版 ]

◆ 楽天 → 中2英語をひとつひとつわかりやすく。 新学習指導要領対応 [ 学研教育出版 ]

◆ 楽天 → 中3英語をひとつひとつわかりやすく。 新学習指導要領対応 [ 学研教育出版 ]

◆ 楽天 → 中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]


▼ こんな記事も読まれています ▼

記事 → 国の奨学金制度に給付型創設

記事 → 学歴社会 子どもへの影響

記事 → 勉強嫌いの子供がやる気になる3つのアイテム

記事 → 1000時間理論 10000時間の法則

記事 → 学習にマンガを取り入れよう

記事 → いじめ加害者にならないためのプログラムとは


今年、中学生なる学生さんは英語が新しい教科として加わりますね。

中学校で習う英語は「英単語」と「文法」が基本になっているようですね。

また英語を習う=英会話ができるようになる・・・ではありませんので誤解のないように。

あくまでも高校入試に向けた英語の学習とことで位置づけしておくほうが過度な期待もしなくて済みます。

それに英単語と文法だけに的を絞った勉強の方が案外、簡単に覚えられます。

英単語を習う上で難しい日本語に出会います。

それは語彙=ボキャブラリーというもので「ごい」と読みます。

語彙とは一定の範囲に用いられる単語の集合のことで、よく英語の先生から語彙力を上げるように、とか「ボキャが足りない~」と言われたことをふっと思い出しました。


今年から中学へ通う娘が毎週実践している英単語の覚え方はこちら

例題 

〇 川 - River - リバー

英語のRiに〇をつけカタカナのリに〇
英語のverに〇をつけカタカナのバーに〇

この〇をつける方法が英単語を覚えるのに役立っているそうで、毎週月曜日に問題を10問出し日曜日にテストをしています。

テストをして間違った英単語は翌週に持ち越しになり正解するまでずっと持ち越します。

今、彼女が悩んでいるのは水曜日のWednesdayと土曜日のSaturday

ウェンズディとサタディですがカタカナの読み部分と一致しないので何だか覚えづらいということです。

冬休みから始めたこの方法で英単語の1月~12月、春夏秋冬、太陽系の惑星名、12星座を英語で書けて読めることができるようになりました~

彼女曰く、英語の〇とカタカナの〇は後から、まとめてつけるのではなくて、その都度つけていくと効果がある、ということです。

この方法ならお父さんやお母さんでも教えやすく、チェックもしやすい方法だと思います。

教材が不要でタダで教えれるのが一番イイかも知れませんね(笑)


更に語彙力を上げたい方やtoeic対策、中一からの英語教材でお勧めなのは以下のものがイイみたいですよ~

効果のありそうな英語本をお探しの方は参考にしてください~


◆ 楽天ブックス → 新TOEIC TEST単語特急(2(語彙力倍増編)) [ 森田鉄也 ]

◆ 楽天ブックス → TOEICテスト公式問題で学ぶボキャブラリー [ Educational Testing ]

◆ 楽天ブックス → 中1英語をひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]

中学生になると初めての教科に英語が加わりますね。

小学生の時に「なんとなく」勉強していた英語が本格的になるのが中学1年生。

そこで小学生の冬休みから用意しておきたいテキストに「中1英語をひとつひとつわかりやすく」という英語の本があります。

中2~高校生の復習や苦手の克服にも使えます。

「いったい、英語のどこが分からないのだろう・・・」が良く分かるようになります。

よく小学生の時に聞いた言葉に「分からないところが分からない」がある。

ごもっともな話、内容や問題が分からないから、まったく分からない。

その分からないを分かるようにしてくれるのが「中1英語をひとつひとつわかりやすく」

まぁハッキリ言って中学の英語の勉強だけで英会話が話せるようになるとは、まったく思っていない。

中には優秀な学生さんも、いらっしゃるから一概に無理、とは言い切れないが私は無理の方。

と、いうのも中学の英語で主体になっているのは英単語と文法だと思うからである。

日本語が話せても謙譲語や尊敬語など文法の使い分けは、ほとんどというくらい日常会話には必要がないと思っている。

この文法を英語で勉強しなきゃならないんだから、まったくもって理解不能になる。

「中1英語をひとつひとつわかりやすく」は英語の超基礎から学べるようになっていて英語力の土台を作る反復教材になっている。

なのでテキストとの初めから主語、動詞、B動詞と、いきなり文法から始まっていても、ちっとも怖くない。

読み進めていくだけでam are is の使い分けができるようになり、主語による英文の整理もできるようになる。

ところどころで「復習テスト」で自分の実力が確認できるのもイイ

過去形、進行形、否定文など、超基礎的な英語を勉強するなら、もっとも分かりやすい教材ではないだろうか。

これをクリアできればサッサと次のテキストを予習するのも良いでしょう。


楽天市場 → 中1英語をひとつひとつわかりやすく。 [ 学研教育出版 ]



Amazon → 中1英語をひとつひとつわかりやすく。

↑このページのトップヘ