英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

くもんの中学英文法

中学で習う英文法のすべてをきめ細かいステップで学習するのに適しています。

中学に通っている子供のために英語の復習用に購入されている方が多いですね。

内容が分かりやすいので苦手の英文法を克服するのに適していると思います。

英語の基礎固めとして大学の単位を取得するために使ったりもできます。

英語=英会話と思っていると英文法で、まず悩みます。

中学で習う英語は英単語と英文法のみと考えて取り組むとテストの成績が上がりやすいのではないでしょうか。

国語も英語も似たり寄ったりの勉強内容で、つまらないけど学生の本文なので、この本だけは読むようにしています。

塾で公文へ通っている友達に勧められて一応、買っておきました(笑)

英文法が分かりやすく書いているので、英語を全く勉強していない方にお勧めではないでしょうか。

それほど嚙み砕いた内容になっています。


英語の参考書やテキストの部類では分かりやすい、ということで娘が納得できたようです。


実際に「くもんの中学英文法」をご購入された方の総合評価は☆4.40

約120件ほどのレビューで☆1が該当なしの本なので、それなりに満足度が高い英語本ですね。

楽天とアマゾン、ともに評価が高い本ですね。


◆ 楽天 → くもんの中学英文法 中学1〜3年 (スーパーステップ)


◆ アマゾン → くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)



この記事を読んだ後に読まれている記事

英語4技能とは z会

短期記憶と長期記憶の違い

わかりやすいパターン認識

返報性とは

1000時間理論 10000時間の法則


中学生から本格的に始まる「英語」

英語塾や英会話教室に通っているお子さんでも、やはり中学校での英語学習は不安なものです。

・何から手をつけて良いのか分からない
・予習が全然、捗らない

というお子さんには英語の勉強の順序を教えてあげましょう。

英語の勉強法は大きく三つに分けることができます。


◆ 単語 

英語の勉強で低迷する理由の一つに「単語の知識不足」が上げられます。
単語を知らないと文法も読解も進みませんね。
言い換えれば「単語」を知ることで実力アップにつながることは、できる中学生なら知っていることです。
ですので、語彙=ボキャを増やす姿勢が必要です。
単語を覚えるときに漠然と単語を丸暗記するのではなく「名詞」「動詞」「形容詞」の位置づけを意識して覚えましょう。
位置づけができるようになると「過去形」や「進行形」もできるようになります。
こうやって単語を複数、覚え終わったら文法に突入です。


◆ 文法

高校入試の英語は文法がキモ。
苦手意識を持つのは分かりますが、まったく勉強しないということはいけません。
現在形、過去形、進行形を一つ一つ覚えることで入試に有利に展開していきます。
英語を習って英会話を話すというよりは中学の勉強では文法が中心になります。
単語と文法の学習時間を多く取るように家庭学習を見直しましょう。


◆ 長文読解

中学3年の秋以降は長文読解に積極的に取り組むようにしましょう。
経済や社会、ニュースなど様々な話題の英文を読みましょう。
小学生の時に国語で習った「音読」も英語の長文に慣れるためには効果は大きいと思います。


◇ まとめ

中学3年の夏くらいまでは「単語」と「文法」を積極的に勉強しましょう。
コツコツと語彙を積み上げれば自ずと道は開かれます。


自宅で興味を持って英語に取り組むためには飽きの来ない書籍を与えてください。

目で見て音読もしたりと楽しみながら少しずつ単語を増やしていきましょう。

また通販サイトで英語本を買う場合は口コミ・レビューを必ず確認しましょう。

新書でもない限りレビューが付いていない書籍は買うのを見送ることも大切です

↑このページのトップヘ