英語学習の低年齢化が進んでいますが、自宅でも英語に触れあう環境を整えてあげたいものです。


赤ちゃんのうちから英語に触れあうことでマネが上手なこの時期を有効に活用しましょう


赤ちゃんが言葉を覚える仕組みを辞典にしたのが「えいご絵じてん500」


仕組み作りに欠かせないアイテムとして「おしゃべりペン」で赤ちゃんの興味を引きます


そー言えば、うちの娘はガサガサと音の出るものに反応してたな~


新聞紙や買い物袋など、手に触れるものから音が出ると興味が湧きやすいのでしょうかね。


遊び感覚で英語に親しむのが、この時期の子供には向いていると思います。


英語に慣れ親しんでおくことでヒアリングの苦手意識を無くします。


幼児期の育脳バイブルとしても雑誌やメディアで多数紹介れています。


付属のペンでイラストにタッチするだけで英語音声が再生される仕組みです。


幼児期の基礎学習として覚えておきたい500のフレーズを自然と身につくように工夫されています。


日本語を覚えるように、ついでに英語も覚えちゃいましょう。


誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントに選ばれることが多い幼児英語教材です。


◆ 楽天 → ペンがおしゃべり! ベビー&キッズえいご絵じてん500 改訂版


◆ アマゾン → ペンがおしゃべり! ベビー&キッズえいご絵じてん500 改訂版