英文が簡単に作れるようになる「意味順


「誰が」→「する(です)」→「誰・何」→「どこ」→「いつ」=これこそが意味順。


ほとんどの英文がこの順番「意味順」に当てはまるというからスゴイ。

目から鱗の発見。



〇 NHK基礎英語 中学英語完全マスター 「意味順」書き込み練習帳

・意味順は何故大切なのか
・意味順の中身は
・英文作りの基本
・be動詞、現在形
・一般動詞、現在形
・助動詞・進行形
・未来表現
・過去形
・現在完了形
・受け身
・不定詞
・動名詞
・関係代名詞
・比較表現
・接続詞
・その他の表現
・復習問題

などの項目になっており中学三年分の重要項目をマスターできるようになっています。

◆ Amazon → NHK基礎英語 中学英語完全マスター 「意味順」書き込み練習帳 (語学シリーズ)

◆ 楽天 → Nhk基礎英語 中学英語完全マスター 「意味順」書き込み練習帳 語学シリーズ / 田地野彰 【ムック】




〇 「意味順」で学ぶ英会話

・文法を学ぶ
・会話を見てみよう
・会話をしてみよう

英語のやり直しにも最適な「意味順」でリアル英会話を学びましょう。

◆ Amazon → 「意味順」で学ぶ英会話

◆ 楽天 → 「意味順」で学ぶ英会話 超カンタン!誰でもできる! [ 中川浩 ]



〇 キョクトウ 意味順ノート

・意味のまとまりを意識しながら英文を作ることで英語の語順に慣れるようにデザインされた意味順ノートです。
・意味順ガイドに沿って英文を作ることで自然に英語の意味の順序が身に付きます。

◆ Amazon → キョクトウ 意味順ノート 英習罫 13段 B5 CF01F13 10冊

◆ 楽天 → キョクトウ 意味順ノート 英習罫 13段 B5 CF01F13 10冊