英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

家庭教師・留学・勉強法・資格



英語の勉強や英会話学習に時間が無い人のための24/7イングリッシユ


たったの2か月で英語上達を実感できる24/7


何年も英語の上達のために教材やスクールを続けることなく、たった2か月で上達する方法がここにあります。


このページをご覧になった方は今日から英語の勉強に対する考え方が変わることでしょう。


短期間集中専用マンツーマン英会話【24/7 ENGLISH】



英語上達のポイントは実は「短期集中」

・ 英語の勉強方法が分からない

・ 英語塾は高くて通えない

・ 英語を身に着けて視野を広げたい

・ 仕事のキャリアアップに役立てたい

・ 英語圏の海外旅行を楽しみたい

・ ビジネスの場で英語が必要

・ 海外の情報をいち早くキャッチしたい

・ 外国の友人を増やしたい

・ 急な海外出張や海外赴任に備えておきたい

・ 留学を控えている

・ 給料アップにつなげたい




英会話教室に1年以上通っても英語を話せないままの人がたくさんいる、という事実


グループレッスンでワイワイやるだけの英会話教室に何年も通っても、正直、英語の上達はほとんど実感できない


短期間で英語を上達させるためには、あることを知ることから始まります


日本人に合った英語の勉強法を知っているか知らないかで英語上達のスピードが違ってきます。


英語の勉強で一番、悔しいことは時間とお金を無駄にしてしまうこと


なので24/7ではポイントを押さえた正しい勉強法を教えてくれます

ポイント1 英語は日本語で学ぶ

ポイント2 ネイティブだけに教わるだけじゃダメ

ポイント3 聞き流すだけでなく、しっかりアウトプットする


24/7で正しい学習法で勉強することで最短でゴールを目指せます


安心の全額返金制度もあります


英語が苦手な方は、まずは無料のカウセリングにお申し込みを


◆ お申込み → 短期間集中専用マンツーマン英会話【24/7 ENGLISH】


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


CEFRとは言語能力を評価する国際指標でヨーロッパ共通参照枠の意


2020年の大学入試の改定を前に各大学が取り入れだしている指標です。


元々は欧州評議会とケンブリッジ大学が協力してヨーロッパ共通で使えるように考え出した言語教育のガイドライン


なのでケンブリッジ大学の試験は全てCEFR(セファール)に準拠しています。


履歴書に「CEFRレベル〇〇」と書くとEU内ではどこでも通用します。


CEFRで重要視しているのは言語知識の豊富さではなく、実際に「読む」「書く」「話す」「聞く」ことができる技能の達成度

・ 身近な人やモノについて話すことができる

・ 身近な人やモノに対して紹介文を書くことができる

などのような「できる」が重要視されていきます。


日本の大学でも英語能力の証明にこの指標を使うようになってきています。


◆ 楽天ブックス → ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)から学ぶ英語教育


▼ 英検のメリット ▼


英検は英語力の習得以外にも様々なメリットがあるのをご存知でしょうか

・ 入試における学科試験の免除

・ 入学金・授業料の免除

・ 英語科目の単位認定

など、学校によってさまざまな優遇措置のメリットが受けられます

英検2級以上の取得者は授業料免除という優遇制度を2012年度からスタートしており利用者が増加しています。

また英検優遇校があり

英検の資格で中学・高校・高専・短大・大学などの入試において

・ 合格判定の優先

・ 内申点での加算

など優遇措置があります。


この制度に関しては様々な反対・賛成の意見があり疑問視されていますが

個人的には「良い制度」だと思っています

反対意見としては「文科省の天下り先だ」とか「入試で勝負せー」などの意見があり反対するのももっともだと思うのですが・・・

よくよく考えてみれば英検や漢検はけっこう難しいものです。

それを通年コツコツと努力しながら取得するのって、とっても偉いことだと思う。

自分の苦手な教科にチャレンジしてコツコツと級数を上げていく英検や漢検のシステムはこれからも利用し続けていきたい。

また、そんな努力を内申点という加点で評価してくれるなら、こんなに有難いことはない。

と、単純ですが個人的にはこの制度をとても気に入っています。


◆ 楽天ブックス → でる順パス単英検準2級 文部科学省後援


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

▼ 通信制高校とは ▼

学校に通うことが困難な社会人向けに作られた学校ですが現在では学力不振・イジメ・学校や先生に馴染めない方が多く利用しているようです。
レポート提出や試験などで卒業資格が得られますが独学で課題をこなすのが困難なためサポート校などが多数あります。


▼ 通信制高校 一例 ご紹介 ▼

◆ 鹿島朝日高等学校

・47都道府県で入学可能です。
・キャンパスは現在北海道から沖縄までの約80か所で開設。
さらに全国にどんどん広がっています。
・スクーリングは基本的に地元で実施。
・学費は一般的な私立通信制の約7割程度


今までなかったこんな学校」の「こんな」が全国に80パターン

なぜなら、鹿島朝日高校の基本はとてもシンプルだから。
そのシンプルさと学校設定科目20単位の導入が、鹿島朝日の特徴です。
この20単位にどういう科目を取り入れるかは各キャンパスごとに違う為、全国80キャンパスの数だけの個性が揃っている、というわけです。

音楽、アニメ、保育福祉、スポーツ、大学進学、声優、農業・・・いろんな個性が揃った鹿島朝日。

そんなキャンパスに共通しているのが、少人数でアットホームな雰囲気であることです。

基本的には職員はすべての生徒の顔や名前や性格などを知っています。
以前、合同説明会の体験談発表で、生徒がこんなことを話していました。
「僕がこの高校に決めたのは、ここにはいじめがないから。
なぜなら、先生たちは職員室に入ってしまって、授業以外生徒の様子が見れないといった形ではないので、先生の目が良い意味で行き届いている。
それは僕にとってはとても安心なことでした。
そして、僕が自信をつけられるように、いろんな機会やチャンスもくれました。
それは生徒のことを、数十人のうちの一人といった見方ではなく、一人ひとりきちんと見てくれる体制だからだと思っています。」
その言葉をありがたいなあと思いながら、まさにその通りだと実感しました。
ぜひ、一度、あなたのお近くのキャンパスに見学にいらしてください


◆ 楽天 → 通信制高校があるじゃん!2018-2019年版


◆ アマゾン → あなたのお子さんには通信制高校が合っている!!:通信制高校のお得なところ


お子さんが毎日の授業についていけるのか不安

学習塾や家庭教師はどこがいいのかしら? と、お困りの方にインターネットを使った家庭教師という選択。


◆ 塾への送り迎えが大変

◆ 家庭教師では月謝が高い

こんなお悩みをお持ちの方でもインターネットができる環境があるだけでOK


「家庭ネット」ならインターネットを使うことで格安の料金で個別指導が実現できます。


インターネットで家庭教師を選べれるのは知っていましたが「どこがイイ」「手続きはどうなの」と漠然と疑問に思っていました。





「家庭ネット」はネットで始まる新しい家庭教師の形として親御さんの負担を減らしつつお子様の苦手な教科を個別指導してくれます。


▼ 塾・家庭教師の相場 ▼

※ 学年や地域によっても料金の差はあると思いますが参考程度にご覧ください。
※ 諸費用はいろいろ発生しますが月額での比較となります。


◆ 塾 → 月額22,000円~+交通費

◆ 個別指導塾 → 月額36,000円~+交通費

◆ 一般的な家庭教師 → 月額30,000円~+交通費

◆ 他社オンライン家庭教師 → 月額17,120円

◆ 家庭ネット → 月額10,800円



▼ 家庭ネット 特色 ▼

・ひとりひとりのカリキュラムでの学習サポート

・有名大学在籍、卒業生の先生など講師の質が高い

・1対1なので細部の質問や相談ができます、指導とは別に無料のメール相談も受け付け

・普段のコミュニケーションにより、やる気を引き出します。

・家庭教師派遣実績30年の会社が運営、後払い・前払い制の選択も可能です。

◆ 資料請求・お申込みはこちら → 「家庭ネット」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote







塾に通わせるなら家庭教師を使いたい、とお考えの親御さんも多いと思いますが家庭教師選びは結構、難しいものですね。


家庭教師との個人契約なら毎月の月謝の他に交通費や食事代なんかも出すご家庭もあり、個人指導の安心感=出費も高い、のが一般的な家庭教師の雇い方ですね。


ましてやプロの家庭教師だと月謝に10万円、という家庭教師も珍しくないとか・・・これでは、いくら裕福な家庭でも毎月の支出が手痛い。


ではオンラインの家庭教師はどうでしょう。


我が家で実際に使っているオンライン家庭講師「家庭ネット」は、こんな感じの家庭教師さんです。


まず必要なのはネット環境

インターネットに繋がっていればOKなんですがOSはWindows7以降、ブラウザはIE9以降、ケーブルかフレッツ光以上のネット環境が必要です。

更にサイト内からVQSソフトのダウロードが必要になります、

設定などで遠隔操作が必要な場合はサポートソフトのダウンロードも必要になります。

WEBカメラとマイクセットは家庭ネットさんから貸与できます。


私も最初はスカイプを使うのかな~って思っていたんですが、VQSソフトの方がサクサク動いてくて早い。

ネット環境が済むと無料体験ができます。

この時にネットでの動作確認やお子さんのカウセリングを行い

お子さんに合わせて学習内容を進めていくというものです。


学校や塾で習ったことも、ここでマンツーマンで納得いくまで勉強する形ですね。


料金はコマと呼ばれるもので計算するシステムで1コマあたり25分

1コマの価格は学年によって違いますので、こちらはサイト内で確認しておきましょう

小学生コースで1コマ1000円から高校生コース1コマ1700円に設定されています。


例えば中学生コースだと1コマ1100円なので毎週2コマ×1100円=2200円

これを一か月週一のペースで勉強すると2200円×4回=8800円となり、これに諸費用が毎月2000円プラスされて一か月の月謝が10800円+消費税となります。


学校で習ったけど分からない問題や予習で聞きたい問題なんかも予めノートにまとめておくと担当の講師に聞きやすくなります。


更にメールでの質問は24時間OK、回答には1日~2日ほどかかる時がありますが、分からない問題を確認するには便利すぎるアイテム。


自宅で学習してて分からない問題はメールで聞くのが一番効率がいいかも知れませんね。


本当は学校で分からない問題は学校の先生に聞くのが一番なんですが、直接聞くのが恥ずかしがったり、面倒、と思う子供さんも少なくありません。


先生に直接だと質問できないけどメールだと質問しやすい、という内気なお子さんにも安心。


まだ使い始めて日が浅いのですが、英語が苦手な我が子でも元気よく先生とやりとりしています。

ネットの操作の方は次第に慣れてきますから心配はありませんが、分からない問題を一つでも二つでも効率よく覚えてくれればイイかな~って思っています。


何よりも英語の苦手意識がなくなることが最優先でボキャなどの覚えるコツをマスターすれば徐々に苦手意識も無くなるのではないでしょうか。

娘の担当の講師さんは男性の方ですが、ときおり「いいね~」とか「惜しいっ」とかパソコンから聞こえてきて、娘とのやりとりも楽しそうです。





この記事を読んだ後に読まれている記事


家庭ネット 家庭教師 講師

数学が苦手な子供に 家庭ネットを試してみた

家庭ネット 評判 口コミ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ