英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

英語本・辞書・電子書籍・CD・DVD







カリキュラムやプログラム、スケジュールの違いってわかりますか

良く進学塾の指導方針で使われるカリキュラムとはどのようなものでしょう。

また塾に通わないでも受験対策のカリキュラムは作れるものでしょうか。


進学塾では個人の過去のテストの点数や苦手、得意分野を把握してカリキュラムを組む進学塾が多いです。

独学で受験対策に臨むならまず自分のカリキュラムをたて、計画に沿った学習が必要です。

無暗矢鱈に勉強するよりは計画的に勉強する方のが理想です。

その前にタイトルのカリキュラムとプログラムの違いとは


カリキュラム

学校教育の現場で使われる用語で系統立てて作られた教育の計画のことを言います

スケジュール

時間割、予定、日程、計画のこと

プログラム

計画表や予定のこと目次や曲目、番組など


自分にあったカリキュラムを作ることで学習塾に通わないでも志望校に合格します。

カリキュラムを作るメリット

・ 経済的な負担が少ない
・ 時間を有効に使えるようになる
・ どんな難関校でも合格できる
・ いつ始めても良い
・ 自分で計画を立てられるようになりその後の試験にも有効


英会話レッスンのカリキュラムの作り方

・ 自分のレベルを把握しておく
・ 英会話を習う動機やきっかけ
・ ビジネス英会話か日常英会話かの望むレッスンスタイル
・ 文法や発音など何を強化したいのか
・ 英会話レベルの弱点と強い点
・ 英会話に割ける勉強時間
・ 自分の趣味などに活かせるか

これは英会話講師のカリキュラムの立て方のポイントとしても取り上げられています。

英会話を自分の趣味にも使えれば覚えるのに大いに役立てますし

自分の弱点や強みが分かればカリキュラムで復習や予習のポイントとして外せません。

英会話を何気なく始めるよりも目的に合った英会話を勉強するほうが無駄な部分を勉強する必要がなくなります。

テキストなどがあれば毎日取り組むページ数も組み込んでおきましょう。

このカリキュラム作りはテストで間違った問題も必ず組み込んでいきましょう。

最初は慣れが必要かも知れませんが英語や英会話以外でもすべての教科に共通します。

受験対策としても自分のカリキュラムを作り目的を持って学習するようにしましょう。


◆ 楽天 → Oxford Reading Tree トランクパックB


◆ アマゾン → 小学校英語 はじめる教科書


このエントリーをはてなブックマークに追加

今年、中学生なる学生さんは英語が新しい教科として加わりますね。

中学校で習う英語は「英単語」と「文法」が基本になっているようですね。

また英語を習う=英会話ができるようになる・・・ではありませんので誤解のないように。

あくまでも高校入試に向けた英語の学習とことで位置づけしておくほうが過度な期待もしなくて済みます。

それに英単語と文法だけに的を絞った勉強の方が案外、簡単に覚えられます。

英単語を習う上で難しい日本語に出会います。

それは語彙=ボキャブラリーというもので「ごい」と読みます。

語彙とは一定の範囲に用いられる単語の集合のことで、よく英語の先生から語彙力を上げるように、とか「ボキャが足りない~」と言われたことをふっと思い出しました。


今年から中学へ通う娘が毎週実践している英単語の覚え方はこちら

例題 

〇 川 - River - リバー

英語のRiに〇をつけカタカナのリに〇
英語のverに〇をつけカタカナのバーに〇

この〇をつける方法が英単語を覚えるのに役立っているそうで、毎週月曜日に問題を10問出し日曜日にテストをしています。

テストをして間違った英単語は翌週に持ち越しになり正解するまでずっと持ち越します。

今、彼女が悩んでいるのは水曜日のWednesdayと土曜日のSaturday

ウェンズディとサタディですがカタカナの読み部分と一致しないので何だか覚えづらいということです。

冬休みから始めたこの方法で英単語の1月~12月、春夏秋冬、太陽系の惑星名、12星座を英語で書けて読めることができるようになりました~

彼女曰く、英語の〇とカタカナの〇は後から、まとめてつけるのではなくて、その都度つけていくと効果がある、ということです。

この方法ならお父さんやお母さんでも教えやすく、チェックもしやすい方法だと思います。

教材が不要でタダで教えれるのが一番イイかも知れませんね(笑)


更に語彙力を上げたい方やtoeic対策、中一からの英語教材でお勧めなのは以下のものがイイみたいですよ~

効果のありそうな英語本をお探しの方は参考にしてください~


楽天の書籍 → 世界最速「超」記憶法 (講談社+α新書) [ 津川 博義 ]


アマゾンの書籍 → 英単語の語源図鑑


このエントリーをはてなブックマークに追加




英語での会話もメールでも覚えるコツは「3語」を並べるだけでいいという。

じゃ~どの3語を並べるかというと、主語・動詞・目的語のそれぞれ3語を並べるだけで英会話も英文メールも習得できてしまうというもの。

また本書では3語の組み立てパターンも徹底的に解説してくれているので意味不明のうちに知らず知らずのうちに、英会話が成立している。

嘘のような本当の話ですが英会話に重要な3語とはいかなるものか。

本当に3語で成立してしまうと、どんなメリットがあるのか。


◆ 目次から

〇 日本人の英語が伝わらないワケ

〇 日本人が好む英語の3つの欠点とは

〇 学校で習ったイディオムはいらない

〇 3語の英語は動詞が決めてになる

〇 具体的な動詞でスピーディーに伝える

〇 ダイナミックで明快な他動詞を使う

〇 3語の英語の組み立てパターン

〇 大切なのは主語と動詞の選び方

〇 主語は4つから選ぶ

〇 3語の英語に情報を足す

〇 動詞周りの一工夫

〇 3語で伝えるためにバッサリ捨てましょう。


楽天の書籍 → 会話もメールも 英語は3語で伝わります [ 中山 裕木子 ]


アマゾンの書籍 → 英語は3語で伝わります【どんどん話せる練習英文100】



▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 1000時間理論 10000時間の法則

参照 → 家庭ネット 評判 口コミ

参照 → 子供 習い事 おすすめ

参照 → wowow e割とは 字幕なしで映画を観る


このエントリーをはてなブックマークに追加


加齢ばかりが原因ではないと思うが、やはり英語の勉強には「年齢も関係あるかも」と思うこともシバシバ


なかなか集中して英語の勉強ができないのは忙しい毎日の仕事や生活が大いに関係していると思いますね。


でも「二週間で英語がわかった」と評判のこちらの英語教材


他の英語教材とどのように違いがあるのでしょう。


この教材の良いところは、まずは二週間の短期間で「何とかなるかも」と学習に意欲が出てくることかな


データでは

・ 英語を話す練習に効果を感じた人 95%

・ 単語やフレーズを覚えれるようになった 100%

など3万人以上の成功者の実績があるようです。


例えば、こんな方も成功しています


英語が話せないのに海外赴任が決まってしまった


恐ろしいですね・・・よほど仕事で実績を上げている方なんでしょうね。


突然の海外赴任で英語が話せなきゃ仕事にならない


まったく、その通りです、最低限のコミュニケーションが無ければ仕事になりません。


14日間続けてみた進歩の実感は?


最初は何を言っているかサッパリ分かりませんでしたが

4話、5話と進めていくうちに、ところどころの単語が拾えるようになりました。

これで効果を実感できました。

二週間続けたころには英語への拒絶はすっかり無くなりました。

会話も少しずつ自分の耳に入ってくるのが分かるようになりました。

今では新幹線の英語のアナウンスも英語で理解できるようになりました

何を言っているのかな?」と自然と英語に耳を傾けるようになりました。


楽天の英語教材 → オンライン版 初級 短期 30日間 英語脳 プログラム


合わせて読みたい

さんま cm 翻訳機


このエントリーをはてなブックマークに追加









脳の最適化とは、どのような方法なのだろう。


ビジネス本ですが英語の勉強にも役立ちそうな能力アップの方法


仕事に必要な能力は脳のどの部分にあるのか


学習法や集中力、記憶力をアップさせる脳の最適化


脳内物質であるドーパミン、セロトニン、アドレナリンなどの言葉を聞いたことがあるでしょう。


これらの脳内物質に働きかけることで科学的根拠に基づいた脳の活性化で最適化を図ります



脳の力を最大限に高める方法が載っています

さすがに人気のある本だけに読んで損はないと思います


脳内ホルモンのそれぞれの役割が書いてあり、関連性が分かりやすい

さらっと読んで参考にするには申し分ない内容だと思いますよ


意外と冷めた意見も多いですが脳内物質をコントロールできるんだね、と感心しちゃいます。

ただ、科学的根拠の信頼性は人それぞれで受け止め方が違ってくると思います。

自分の頑張りが無くても脳内物質が勝手に活躍してくれる?


楽天 → 脳を最適化すれば能力は2倍になる


アマゾン → 脳を最適化すれば能力は2倍になる


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ