春休みから4月にかけて受講する人が多いのですが、実は5月、6月からZ会を受講する生徒さんも多いんです。


その理由は定期テストの一発目があまりにも成績が低い時


特に新小学生や新中学生になったとたん、成績がグーンと落ちる生徒さんが多い


それは生活の変化が原因していることが多く


慣れない団体生活や部活動の開始などで、子供たちは親が思っている以上に疲れています。


新一年生では、なかなかクラスの仲間に溶け込めない子供や


新しく始めた部活動での上下関係や夜遅くまでのクラブ活動


また、成績の良い部活は練習量や試合数も多く、はっきり言って勉強している時間がない。


ですので、新年度、一発目の成績が落ちるのは当たり前と言えるでしょうね。


でも「鉄は熱いうちに打て」の言葉通り、新年度の授業は基本が多くとても重要です。


ここで置いてかれると、それ以降の授業についていけなくなることもあります。


ですので、そこに気づいた親御さんやご本人がZ会や学習塾で資料を請求しだすのも5月、6月に多くなるというわけです。









何から勉強したらいい?

変わる入試ってどんなもの?

東大生の教え方ってどんなの?

新学期からの勉強法って?


など、勉強方法に悩みをお持ちの小・中・高校生の方は

Z会の資料をみるだけでも勉強になることがたくさんあります。


◆ Z会の通信教育



新しい大学入試や変化する社会の中で、これから求められる力に関心のあるすべての方に向けて情報を発信するサイト → ミライ研究室


小学生のお子さまの「考える力」を育てたい保護者の方に向けて学習や生活に関する情報を発信するサイト → さぽナビ