◆ 食べ物だけで英単語の記憶力を上げたい

◆ フラッシュカードって記憶力にどうなの?


英語に限らず勉強のキモというべき「記憶力

記憶力が良くなれば、自分の記憶の引き出しがドンドン増えてテストや試験に有利になるのは間違いない。

分かってはいるが、なかなか目に見えて「記憶力が上がった~」と実感することはない。

脳への蓄積力は自分には気づかないだけで、ちゃんと勉強したことは記憶されているものです。

まず毎日の食事で記憶力がアップする食べ物があれば、率先してメニューに取り入れたい。

脳が飢餓状態では覚えれるものまで忘れやすくなっちゃいますね。


▼ 記憶力がアップする食べ物・飲み物 ▼

チョコレート
意外や意外、チョコレートにも記憶力向上の期待が
テオブロミン成分が思考力・記憶力・集中力を高めてくれるという。
1日に食べるチョコレートの目安は板チョコ1/4~半分くらいが目安

コーヒー
カフェインの効果として記憶力強化の期待が持てる成分
脳の海馬を刺激し記憶力が向上するという
ただしカフェインには中毒性があるので飲み過ぎには注意が必要です。

お茶・緑茶
お茶には抗酸化物質が含まれているため脳細胞の活性化に役立つと言われています
その結果、空間認識能力・記憶力向上の効果が期待できます。

ナッツ類
記憶力アップに効果的なナッツ類にピーナッツがおすすめ
ピーナッツに含まれるレシチンは記憶力向上・脳の老化防止にも役立ちます
クルミに含まれるαリノレン酸も記憶力や集中力を高めるのに有効な成分
トリプトファンやセロトニンも含まれているため神経作用に働きかけウツ状態やストレス軽減にも役立つという。

青魚
イワシ・サンマなど青魚は「記憶力をよくしてくれる食べ物」としてとっても有名ですね
青魚に含まれるDHA・EPAが記憶力の向上や認知症予防に効果が期待されています。

ホウレンソウ
アルツハイマー病に効果が期待されているホウレンソウ
ルテインが多く脳細胞の損傷の修復や認知機能の低下を防止してくれます
ホウレンソウは熱に弱いため、なるべく生で食べることが良いと言われています

バナナ
脳のエネルギーとなる糖質がバナナには多く含まれています
体のエネルギーにもなりビタミンB6なども豊富で朝から脳が活性化されます

ベリー類
ベリー類をふだん食べている人と食べていない人では食べている人の方が認知能力レベルがアップすると言われています
フラボノイドという成分が多く抗酸化物質を多く含むベリー類を食べると脳の老化防止にも役立ち記憶力の改善に期待が持てます。


さて食べ物や飲み物で記憶力向上への栄養素を取り入れたらフラッシュカードを使って記憶力を高めてみましょう。


▼ フラッシュカードの効果 ▼

フラッシュカードは視覚から脳を刺激し記憶力を上げるのに効果的なカードです。

フラッシュカードを使うと左脳が反応しなくなり感覚的な右脳を優先的に働かせるようになります。

何度も反復練習することで英単語が完全に身に付き、考えなくても英単語が自然に口から飛び出すようになります。

単語の習得前にフラッシュカードを高速で使うと逆効果になる場合も

このような場合のフラッシュカードの使い方は「ゆっくり」見せ、情報を脳で処理できるよう時間を与えましょう。

何事も習うよりも慣れろ、ではありませんがフラッシュカードを使いこなせるようになると記憶力のスピードは格段に上がることでしょう。


◆ 楽天 → フラッシュカード 幼児 英語 フラッシュカード 750枚セット

◆ 楽天 → 中学英語フラッシュDVD・4巻(DVD4巻+CD4枚)セット 英語教材



こんな記事にも注目

記事 → 1000時間理論 10000時間の法則

記事 → わかりやすいパターン認識

記事 → 返報性とは