先日、中学二年生の女子生徒が通訳案内士試験に見事パスしたということで話題になりましたね。

最年少合格者ということで素晴らしいことですね。

通訳案内士は通訳ガイドとも呼ばれ単に英語の語学力があるだけでなく、日本の地理や歴史、産業、経済、政治、文化と幅広い知識と教養がないといけない職業。

正しい日本を外国人の方にしっかり伝えなくてはならない民間の外交官のような役割も担っています。

試験科目の中でも産業・経済・文化・政治に関する一般常識が難しかったと本人も言っています。

元々、学校内でも英語弁論大会やビブリオバトル・模擬国連などで活躍していたという。

平成28年度の合格率23.8%、素直にスゴイ生徒が現れたものです。


▼ 通訳案内士 合格率 英語 ▼

平成18年 13.1
平成19年 20.6
平成20年 19.4
平成21年 15.2
平成22年 12.9
平成23年 16.3
平成24年 14.3
平成25年 25.5
平成26年 22.7
平成27年 19.3




◆ 楽天 → 全国通訳案内士英語過去問解説(平成29年度公表問題収録)


◆ 楽天 → 全国通訳案内士試験 [地理・歴史・一般常識]  合格テキスト&問題集