英語の文法・・・分からない人には、とことん分からない

言い回しを難しくしてわざと難解にしているような英語の長文

結局、日本語と比較してしまうので順番がバラバラになってしまい

英単語をどこに何をくっければ良いのか分からなくなってしまう。


英単語の並べ替え」をもっと楽に理解する方法はないものかと探していると・・・

意外と簡単に理解する方法があるようです。


日本語には「」とか「」や文中に当てはめてやるだけで文法は自由自在に変化させることができますが

これは日本人だから慣れて使っているだけで簡単と思うのですが外国の方が日本語を話すときは、まずこの「」や「」の使い分けが難しいようです。

と、いうのも英語の並べ方は「順番が決まっている」からで

決まっている順番に英単語を当てはめていくだけで文法が作れたり話せたりします。

並べ替えをマスターすることで「読める」「書ける」「聞ける」「話せる」ができるようになります。


肝となる並べ替えは

誰が」「どうする」「誰に」「何を」「どこに」「いつ」の順

これを語順といいます。

英語を書くときも話すときも、とりあえず「並べてみましょう

習うより慣れろ、の精神です。

どんどん並べ替えをしてみましょう。



語順というと難しいでしょうか。

言葉の並べ替えが語順

日本語と英語では、この語順が違ってきます。

ここを攻略することで劇的に文法が強くなり、英会話もスムーズになるといわれています。


英語の並べ替え問題だけを集中的にトレーニングするのにお勧めの本が「語順がひらめく!〇〇英語並べかえ問題

※ 〇〇の部分は中学1年~3年の各、学年ごとに分かれています。


英語の文章だけでなく節や句ごとの並べ替え問題からスタートします

少しずつステップアップしていくので英語が苦手な方におすすめ。

文法が苦手な方にも短文から始め文の要素を少しずつ増やしていくので無理なく長文の並べ替えができるようになります。


教科書に載っているような重要な例文をすべてマスターします。

例題を繰り返して解いていくうちに定着しやすい構成になっています。

語彙の獲得も段階的にできるように工夫されていますのでボキャが増えますね。

今まで英文=並べ替えが苦手、だった方には目から鱗のような問題集になるかも知れませんよ。

価格が安い本なので並べ替えのコツだけでも掴めたら、しめたものです。ガンバッテください。


▽ 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題

文だけでなく句、節の並べ替えからスタート
短文から始め無理なく長文の並べ替えもマスターできるようになっています。
基本の英文はすべてマスターします。
一つの重要文型を一つの見開きページで展開しているのでポイントが分かりやすくなっています。

◆ 楽天 → 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題 定期テストでこまらない [ くもん出版編集部 ]

◆ アマゾン → 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題: 基本英文を完全マスター


▽ 語順がひらめく!中2英語並べかえ問題

並べ替えができれば英作文もできるようになると思います。
テキストで文法を覚え使い方を定着させるために使っています。

◆ 楽天 → 語順がひらめく!中2英語並べかえ問題 定期テストでこまらない [ くもん出版編集部 ]

◆ アマゾン → 語順がひらめく!中2英語並べかえ問題: 基本英文を完全マスター


▽ 語順がひらめく!中3英語並べかえ問題

練習文がいいので音声もあったらよいのにな~って思います
思い出しながら英作文に挑戦するのにちょうど良い
各、回に語彙の一覧を設けてあるので語彙の獲得が段階的に出来るようになっています。

◆ 楽天 → 語順がひらめく!中3英語並べかえ問題 定期テストでこまらない [ くもん出版編集部 ]

◆ アマゾン → 語順がひらめく!中3英語並べかえ問題: 基本英文を完全マスター


▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 苦手な数学を克服しよう

参照 → うんこ漢字ドリル 楽天 アマゾン

参照 → 中一 勉強法 本 おすすめ

参照 → 1000時間理論 10000時間の法則

参照 → 勉強嫌いの子供がやる気になるグッズ 3選