英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

英語の文法・・・分からない人には、とことん分からない

言い回しを難しくしてわざと難解にしているような英語の長文

結局、日本語と比較してしまうので順番がバラバラになってしまい

英単語をどこに何をくっければ良いのか分からなくなってしまう。


英単語の並べ替え」をもっと楽に理解する方法はないものかと探していると・・・

意外と簡単に理解する方法があるようです。


日本語には「」とか「」や文中に当てはめてやるだけで文法は自由自在に変化させることができますが

これは日本人だから慣れて使っているだけで簡単と思うのですが外国の方が日本語を話すときは、まずこの「」や「」の使い分けが難しいようです。

と、いうのも英語の並べ方は「順番が決まっている」からで

決まっている順番に英単語を当てはめていくだけで文法が作れたり話せたりします。

並べ替えをマスターすることで「読める」「書ける」「聞ける」「話せる」ができるようになります。


肝となる並べ替えは

誰が」「どうする」「誰に」「何を」「どこに」「いつ」の順

これを語順といいます。

英語を書くときも話すときも、とりあえず「並べてみましょう

習うより慣れろ、の精神です。

どんどん並べ替えをしてみましょう。



語順というと難しいでしょうか。

言葉の並べ替えが語順

日本語と英語では、この語順が違ってきます。

ここを攻略することで劇的に文法が強くなり、英会話もスムーズになるといわれています。


英語の並べ替え問題だけを集中的にトレーニングするのにお勧めの本が「語順がひらめく!〇〇英語並べかえ問題

※ 〇〇の部分は中学1年~3年の各、学年ごとに分かれています。


英語の文章だけでなく節や句ごとの並べ替え問題からスタートします

少しずつステップアップしていくので英語が苦手な方におすすめ。

文法が苦手な方にも短文から始め文の要素を少しずつ増やしていくので無理なく長文の並べ替えができるようになります。


教科書に載っているような重要な例文をすべてマスターします。

例題を繰り返して解いていくうちに定着しやすい構成になっています。

語彙の獲得も段階的にできるように工夫されていますのでボキャが増えますね。

今まで英文=並べ替えが苦手、だった方には目から鱗のような問題集になるかも知れませんよ。

価格が安い本なので並べ替えのコツだけでも掴めたら、しめたものです。ガンバッテください。


▽ 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題

文だけでなく句、節の並べ替えからスタート
短文から始め無理なく長文の並べ替えもマスターできるようになっています。
基本の英文はすべてマスターします。
一つの重要文型を一つの見開きページで展開しているのでポイントが分かりやすくなっています。

◆ 楽天 → 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題

◆ アマゾン → 語順がひらめく!中1英語並べかえ問題


▽ 語順がひらめく!中2英語並べかえ問題

並べ替えができれば英作文もできるようになると思います。
テキストで文法を覚え使い方を定着させるために使っています。

◆ 楽天 → 語順がひらめく!中2英語並べかえ問題

◆ アマゾン → 語順がひらめく!中2英語並べかえ問題


▽ 語順がひらめく!中3英語並べかえ問題

練習文がいいので音声もあったらよいのにな~って思います
思い出しながら英作文に挑戦するのにちょうど良い
各、回に語彙の一覧を設けてあるので語彙の獲得が段階的に出来るようになっています。

◆ 楽天 → 語順がひらめく!中3英語並べかえ問題

◆ アマゾン → 語順がひらめく!中3英語並べかえ問題


▼ こんな記事も読まれています ▼

参照 → 苦手な数学を克服しよう

参照 → うんこ漢字ドリル 楽天 アマゾン

参照 → 中一 勉強法 本 おすすめ

参照 → 1000時間理論 10000時間の法則

参照 → 勉強嫌いの子供がやる気になるグッズ 3選




このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

脳の活性化や文章に強くなるために読書を取り入れている方も多いと思います。

毎月10冊とか、年に40-50冊なんて言う方もいらっしゃるのですが何やらせっかくの読書が「残念な読書」になっていることも少なくない、と言われています。

読書をするときにクセがあるようで、脳内の同じところばかり使う偏った読書の仕方も多いという。

これでは脳の活性化に繋がらず記憶に残らない読書になってしまうのだと。

では「残念な読書」とはどのようなものか。


◆ 右脳を使わないで読む活字中毒


◆ ジッと読みふける静の読書


◆ 読むのが苦手と意識しているイヤイヤ読書


本を読むときに文字を追うのは左脳が主。
右脳は読んだ内容を頭の中で映像にしてくれます。
「文字の左脳、映像の右脳」と覚えると良いでしょう。
頭の中で映像化されることで記憶力や理解力がアップします。
読書が終わって読んだ内容があまり思い出せない人は「ゆっくり読む」ことで脳がまんべんなく使われるそうです。


いつも決まった時間に決まった場所で黙々と読書することを「静の読書」といいます。
読書の仕方がマンネリ化して刺激の少ない読書になってしまいます。
屋外で読んだり、時間を変えるだけでも「動の読書」となり脳の活性化につながると言われています。

何でもイヤイヤ行動していては効果的な脳トレには繋がりません。
「動の読書」を取り入れて脳を活性化し理解力や思考力を高めるようにしましょう。


◆ 楽天 → 1万人の脳を分析した医学博士が教える脳を強化する読書術 [ 加藤俊徳 ]


◆ アマゾン → 1万人の脳を分析した医学博士が教える 脳を強化する読書術


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


CEFRとは言語能力を評価する国際指標でヨーロッパ共通参照枠の意


2020年の大学入試の改定を前に各大学が取り入れだしている指標です。


元々は欧州評議会とケンブリッジ大学が協力してヨーロッパ共通で使えるように考え出した言語教育のガイドライン


なのでケンブリッジ大学の試験は全てCEFR(セファール)に準拠しています。


履歴書に「CEFRレベル〇〇」と書くとEU内ではどこでも通用します。


CEFRで重要視しているのは言語知識の豊富さではなく、実際に「読む」「書く」「話す」「聞く」ことができる技能の達成度

・ 身近な人やモノについて話すことができる

・ 身近な人やモノに対して紹介文を書くことができる

などのような「できる」が重要視されていきます。


日本の大学でも英語能力の証明にこの指標を使うようになってきています。


◆ 楽天ブックス → ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)から学ぶ英語教育


▼ 英検のメリット ▼


英検は英語力の習得以外にも様々なメリットがあるのをご存知でしょうか

・ 入試における学科試験の免除

・ 入学金・授業料の免除

・ 英語科目の単位認定

など、学校によってさまざまな優遇措置のメリットが受けられます

英検2級以上の取得者は授業料免除という優遇制度を2012年度からスタートしており利用者が増加しています。

また英検優遇校があり

英検の資格で中学・高校・高専・短大・大学などの入試において

・ 合格判定の優先

・ 内申点での加算

など優遇措置があります。


この制度に関しては様々な反対・賛成の意見があり疑問視されていますが

個人的には「良い制度」だと思っています

反対意見としては「文科省の天下り先だ」とか「入試で勝負せー」などの意見があり反対するのももっともだと思うのですが・・・

よくよく考えてみれば英検や漢検はけっこう難しいものです。

それを通年コツコツと努力しながら取得するのって、とっても偉いことだと思う。

自分の苦手な教科にチャレンジしてコツコツと級数を上げていく英検や漢検のシステムはこれからも利用し続けていきたい。

また、そんな努力を内申点という加点で評価してくれるなら、こんなに有難いことはない。

と、単純ですが個人的にはこの制度をとても気に入っています。


◆ 楽天ブックス → でる順パス単英検準2級 文部科学省後援


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

日本語でも色々な「ことわざ」があるように英語でも「ことわざ」ってあるんですよ。

英語のことわざを知っているだけでも何か特別な英語をマスターできた気がして少しだけ賢くなったような。

会社や学校での休憩時間やランチの時にでも「英語のことわざ」を話題にしてみてはいかがでしょうか。


Everybody's business is nobody's business.
「みんなの仕事は、だれの仕事でも無い」・・・日本語では「船頭多くして船山に登る」

It is no use crying over spilt milk.
「こぼれたミルクの事を嘆いても役に立たない」・・・日本語では「覆水盆に返らず」

Let a thief catch a thief
「泥棒に泥棒を捕まえさせろ」・・・日本語では「蛇の道は蛇」

The early bird catches the worm.
「早起きの鳥は虫を捕まえる。」・・・日本語では「早起きは三文の得」

No pain, no gain.
「痛みがなければ利益もない」・・・日本語では「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

A picture is worth a thousand words.
「一枚の絵は千の言葉に値す」・・・日本語の「百聞は一見にしかず」

When in Rome, do as the Romans do.
「ローマではローマ人のするようにしろ」・・・日本語では「郷に入りては郷に従え」に近い意味合い

Rome wasn't built in a day.
「ローマは一日にしてならず」

All roads lead to Rome.
「すべての道はローマに通ず」

英語を覚えたいときは漠然と勉強を繰り返すよりも「ことわざ」や「格言」などから覚えるようにすると、いつもとは少し違い楽しく勉強ができそうですね。



合わせて読みたい

英語なのか社会科なのか略語に迷う

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

1日28分、耳にイヤホンをつけて口を動かすだけ・・・30日後には英語ぺらぺら君に感謝する。


英語は習っているうちは苦痛に感じるかも知れませんが、会話できるようになると何ということはない人生のスパイスだと感じる。


日本人が日本語を話せるように英語も話せるだけのことで世界観がグーンと幅広く感じる。


◆ 英語を話せるようになって得をしたことと言えば

・会社や仕事で英語以外で頼られることが多くなってきた

・旅行で困っている英語圏の外人さん同士の会話が聞き取れるので手を差し伸べることができるようになる

・洋画を字幕なしで見ると翻訳された映画とは随分と趣が違うことに驚かされる

・日本では友達が少なかったが外国の友達が大勢できた。

・外国の人に頼られるので自分に自信が持てるようになった。

・世界観が変わった

など、一様に生活の一部だった英語が取得することで日本にいても「役に立つ」ことが増えてきています。

年々、外国人観光客が増えている日本ですがスタートは英語を覚えること。

フランス語や中国語を覚えたら、どんな世界観になってくるのでしょう。

新しい友達を増やしたい方は語学学習は一番大切な人生の勉強だと思います。

受験やテストの成績を上げるだけでなく生活の幅を広げるためにも「ペラペラ君」は役に立つ教材だと思いますよ。


◆ 英語で一行日記を毎日書いてみよう

Allow me. → 私がやります

You brought it up. → あなたが言った


日本語以外で日記をつけるのは難しいと感じるかも知れませんが、たった「一行」の日記なら何とかなりそうな気がしませんか。

今日したことを思い出して日記に書くのも良し、明日の予定でもヨシ

何かしらの予定や目標なんかも一行で表すのって意外と楽しいものです


合わせて読みたい

i talk tv 口コミ




このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ