英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

アマゾンさんでは英語本のベストセラーになっている「英語で一流を育てる

キンドル版も出ているので電子書籍で見たい方はそちらをお勧めする

一石五鳥の奇跡の勉強法が紹介されています。

英語授業の低年齢化に向けて押さえておきたい一冊には違いない

その驚異の中身とは・・・

1日たったの5分で出来る英単語暗記法を楽しんでいるうちに小二で英検準2級に合格

地方の公立校からハーバードに見事合格

小学生でも大学入試レベルがスラスラ読めるようになる英語学習法を伝授


▼ 英語で一流を育てる 内容 ▼

・なぜ一流は家庭で英語を学ぶのか
・常識破りの英語で子育て完全マニュアル
・日本語Bで英語脳に変わる方法
・1日5分の楽々単語暗記法
・超音読法で大学入試レベルがスラスラ読める
・ハーバード生が作った英文を真似するだけで英作文を子供に教えられる
・1分間スピーチを家庭で得意なる方法





お子さんの英語の家庭学習で悩んでいる方には丁度よいかも知れません。

どう、進めるか?」が分かりやすく、家庭学習に迷っている方にはお勧めかも

ただ、ハーバードはスゴイけど自慢が少し多いかな(笑)

それと文章の使いまわしが多すぎる点もマイナス

実力的には英検5級~1級までの内容なだけに惜しいな~って感じながら読んでます。

日本の英語教育には批判的な意見が多かったのですが、取り組みが外国とはまるで違いますからね。

個人的に学校の教育制度をどうこういうつもりはありませんが、個人学習からグループ学習に変わるだけでも英語力は飛躍的に伸びると思うんですが・・・

家庭学習やリビング学習のメリットは親が適切にアドバイスできるか否か

その点では、この本は大いに参考になるし使いやすい。

一流になれるかは疑問も残りますが小学低学年から教えやすい内容になっていると思います。

◆ 楽天ブックス → 英語で一流を育てる 小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法 [ 廣津留 真理 ]

◆ アマゾン → 英語で一流を育てる――小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法


[大学入試レベル 英語][小学生 英語 自宅学習 おすすめ][小学生 英語 自宅学習 方法]
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

英語を公用語として使っている国は世界でどのくらいあるのでしょうか。

せっかく英会話を習うなら英語を使っている国へ観光や留学なんかもしてみたいですね。

英語圏の国はどのくらいあるのか調べてみました。

左側は国名、右は首都名です

ヨーロッパ
イングランド・・・ダブリン
マルタ・・・バレッタ
イギリス・・・ロンドン ※事実上の公用語

北アメリカ
カナダ・・・オタワ
アメリカ・・・ワシントンD.C. ※事実上の公用語

南アメリカ
ガイアナ・・・ジョージタウン

中央アメリカ
ベリーズ・・・ベルモバン

カリブ地域
アンティグア・バーブーダ・・・セントジョンズ
グレナダ・・・セントジョージズ
ジャマイカ・・・キングストン
セントクリストファー・ネイビス・・・バセテール
セントビンセント・グレナディーン・・・キングスタウン
セントルシア・・・カストリーズ
ドミニカ国・・・ロゾー※ドミニカ共和国とは違います
トリニダード・トバゴ・・・ポートオブスペイン
バハマ・・・ナッソー
バルバドス・・・ブリッジタウン

アジア
インド・・・ニューデリー
シンガポール・・・シンガポール
パキスタン・・・イスラマバード
フィリピン・・・マニラ
イスラエル・・・エルサレム、テルアビブ ※英語が第一言語ではない

アフリカ
ウガンダ・・・カンバラ
エリトリア・・・アスマラ
ガーナ・・・アクラ
カメルーン・・・ヤウンデ
ガンビア・・・バンジュール
ケニア・・・ナイロビ
ザンビア・・・ルサカ
シエラレオネ・・・フリータウン
ジンバブエ・・・ハラレ
スーダン・・・ハルツーム
スワジランド・・・ムババーネ
セーシェル・・・ヴィクトリア
ソマリランド・・・ハルゲイサ※国家としては未承認
タンザニア・・・ドドマ
ナイジェリア・・・アブジャ
ナミビア・・・ウィントフック
ボツワナ・・・ハボローネ
マラウイ・・・リロングウェ
南アフリカ・・・プレトリア、ケープタウン、ブルームフォンテーン
南スーダン・・・ジュバ
モーリシャス・・・ポートルイス
リベリア・・・モンロビア
ルワンダ・・・キガリ
レソト・・・マセル

オセアニア
キリバス・・・タラワ
クック諸島・・・アバルア
サモア・・・アピア
ソロモン諸島・・・ホニアラ
ツバル・・・フナフティ
トンガ・・・ヌクアロファ
ナウル・・・ヤレン地区
ニウエ・・・アロフィ
ニュージーランド・・・ウェリントン
バヌアツ・・・ボートビラ
パプアニューギニア・・・ポートモレスビー
パラオ・・・マルキョク
フィジー・・・スバ
マーシャル諸島・・・マジュロ
ミクロネシア連邦・・・パリキール
オーストラリア・・・キャンベラ ※事実上の公用語

その他にも非独立地域で英語圏の地域も多数あります。


◆ 楽天ブックス → 英語圏の言語と文化 (放送大学教材) [ 井口篤 ]





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1日28分、耳にイヤホンをつけて口を動かすだけ・・・30日後には英語ぺらぺら君に感謝する。


英語は習っているうちは苦痛に感じるかも知れませんが、会話できるようになると何ということはない人生のスパイスだと感じる。


日本人が日本語を話せるように英語も話せるだけのことで世界観がグーンと幅広く感じる。


◆ 英語を話せるようになって得をしたことと言えば

・会社や仕事で英語以外で頼られることが多くなってきた

・旅行で困っている英語圏の外人さん同士の会話が聞き取れるので手を差し伸べることができるようになる

・洋画を字幕なしで見ると翻訳された映画とは随分と趣が違うことに驚かされる

・日本では友達が少なかったが外国の友達が大勢できた。

・外国の人に頼られるので自分に自信が持てるようになった。

・世界観が変わった

など、一様に生活の一部だった英語が取得することで日本にいても「役に立つ」ことが増えてきています。

年々、外国人観光客が増えている日本ですがスタートは英語を覚えること。

フランス語や中国語を覚えたら、どんな世界観になってくるのでしょう。

新しい友達を増やしたい方は語学学習は一番大切な人生の勉強だと思います。

受験やテストの成績を上げるだけでなく生活の幅を広げるためにも「ペラペラ君」は役に立つ教材だと思いますよ。


◆ 英語で一行日記を毎日書いてみよう

Allow me. → 私がやります

You brought it up. → あなたが言った


日本語以外で日記をつけるのは難しいと感じるかも知れませんが、たった「一行」の日記なら何とかなりそうな気がしませんか。

今日したことを思い出して日記に書くのも良し、明日の予定でもヨシ

何かしらの予定や目標なんかも一行で表すのって意外と楽しいものです





◆ 楽天 → わずか28分・口を動かすだけ!【英語ぺらぺら君】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法 |中級【上達保障】

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

小学生から始まる英語の授業。

この春から小五になる娘のために何か使いやすい辞書はないかと探していたところ見つけたのがChallenge中学英和・和英辞典 My Design

小学生なので英語でも日本語でも探しやすいものをと思っていたので英和・和英に対応したこちらの辞書が気に入りました。

英和は16500語
和英は14000語+13500用例
コレのほかに特別付録として英単語ブックとインデックス用のシールが付いています。
英作文が得意になるガイドも収録されており英文法の役に立ちます。

まず実際に娘、本人がChallenge中学英和・和英辞典 My Designを使ってみた感想はズバリ「使いやすい」「探しやすい」「分かりやすい」でした。

以前に英語と英会話のためにと電子辞書を買ってあげたのですが「単語数が少ない」「一般英語が少ない」「和英単語が少ない」と少ないずくしで全然使い物にならなくて1万数千円の電子辞書を買ったことに後悔した経験があるので今回はシンプルな辞書を求めてみました。
電子辞書では発音が聞こえるようになっているので、もっぱら発音を練習するくらいしか使っていません。


小学生から初めて英語に触れるお子様にはとても使いやすく、しかも高校入学まで使えそうな辞書のため価格も約3000円ほどと高価だったのですが、今ではこの辞書の使いやすさに満足しています。

これからの英語の授業ではどのみち英和・和英の両方の辞書が必要になるので後で追加して買うよりもコレ一冊で解決しそうなくらい中身が充実しているのが気に入っています。

英語の辞書選びに迷っているならChallenge中学英和・和英辞典 My Designは一番のお勧めです。

一応タイトルには中学からって書いてますが小五の娘でも最初からアッサリと調べれることが出来たので使いやすさは十分だと思いますよ。



楽天 → Challenge中学英和・和英辞典第2版 My Design [ 橋本光郎 ]


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

TOEFL・・・トーフルとは

TOEFLテストがもたらす優位性は世界130国を超える国と9000以上の学校、機関が入学の選考基準にTOEFLテストスコアを採用しています。

世界のFTS認定サイトで実施され一日で試験が完了するので日時と費用の節約が出来ます。

TOEFLテストでは授業に実際に使う英語能力が分かります。

授業と同じスタイルで受験者が教科書を読んだり講義を聞いた後に話したり書いたりします。

多くの大学で入学選考に最適なテストとして位置づけられています。

TOEFLテストはスピーキングを公平に評価します。
スピーキングは一人の試験官が評価するのではなく録音したものを複数の採点者が評価するためスコアの信頼性が保証されています。

志望する大学にTOEFLスコアを提出するだけで学術分野を志す姿勢をみせることが出来ます。


日本人にはTOEICがビジネス向きとして人気なんですがTOEFLテストはどちらかというと大学で学ぶ語学力の判定に使われることが多いそうです。

ただ日本人のTOEFLスコアは低く、他のアジアの中でも比べても低くなっています。

現在、日本ではTOEFLの導入に前向きで英語の低学年化の傾向も強くなっています。

将来、英語圏での大学入試を視野に入れている方ならスコアアップは狙うべきではないでしょうか。

◆ 楽天ブックス → TOEFLテスト英単語38004訂版 (TOEFLテスト大戦略シリーズ) [ 神部孝 ]

◆ アマゾン → Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ