英会話 オンライン教室 おすすめはどこだ

数ある英会話、英語教室で自分にあったオンラインスクールはどこ? オンラインだから価格が安いのは当たり前!! 目的別に探すと意外とスンナリと続けられます。

英語の勉強法を科学的に考えた「科学的に正しい英語勉強法


科学的な根拠に基づいて解説しているから分かりやすい人にはわかりやすい


が、通販サイトのアマゾンと楽天では評価が真っ二つになっているようです


例えば

どう使っていいのか分からない人には「いらね~」と低評価なのだが

高評価の人には「突飛的だが参考になる」と☆5の評価まである。


これほど極端な評価も珍しい英語の勉強法である。


科学的と言えば科学的なのですが、意識を変える英語の勉強法ではないかと私は思います。

・ 学んだことを、ぼんやりと思い返す機会を増やす

・ 1日1時間の勉強ではなく週末に7時間まとめて勉強する

・ コツコツと長時間、勉強するのではなく、短期集中で勉強する

など、意識を変えてあげるだけで、思わぬ効果を期待できるというものです。


日本人が英語を話せない理由は英語を話せないのではなく、話さないからいつまでたっても英語が話せない。



相手に伝えようというジェスチャーも日本人はほぼない

インプットの勉強は得意だがアウトプットの努力はしない

英語を正しく話そうとしすぎ

英語に対するコンプレックスが強すぎる

外国の方と接する機会があっても積極性が無く、そもそも話しかけない

英語が話せなくても切羽詰まった理由がない

英語に自信がまったくない


こんな理由が英語を自分の身の回りから遠ざけていたのですね。

では英語を使えるようになるには、これと逆の発想が必要ということが理解しやすくなっています。

こういった英語勉強法なので評価が真っ二つに分かれるのも仕方のないことかも知れません。

ご興味のある方は一度、読んでみてはいかがでしょう。

発想の転換には間違いなく役立つと思います。

メンタリストのDaiGoさんが書いています。


◆ アマゾン → 科学的に正しい英語勉強法


◆ 楽天 → 科学的に正しい英語勉強法 [ メンタリストDaiGo ]


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote





いくら勉強をしても集中できない時や物覚えの悪い時ってありませんか?

いつの間にか覚えている」ことが多いものですが脳を活性化することで記憶力が飛躍的にアップする。

そんな魔法のような本を書店などでよく見かけます。


ただタイトルが似たり寄ったりなので、どの本を買うのかにとにかく迷う。

友達・ネット・テレビなどで紹介されていたが「はたして自分に合っているのか」不安なことも多いのではないでしょうか。


1000円~3000円と本によっても値段がバラバラで「やっぱり値段の高い本の方がイイのかな?」とつい無理をして買ってしまうことも少なくない。


このように本を買う時に迷っている方は通販サイトのレビューや口コミを参考にしましょう。

しかもできるだけレビュー数の多いものを参考にします。

初めて読む本なだけに自分が知りたい情報があるのかを確認しましょう。

それと☆評価も参考にしましょう。

レビュー数が多くて☆評価の高いものを2~3点チョイスしておき、立ち読みのできる書店があれば中身を確認します。

そのまま書店で購入しても良いし通販の方が安ければ通販で購入しても良いでしょう。


通販サイトでは「アマゾンのランキング」「楽天のランキング」で検索すると今一番人気のある本を探すことが簡単にできます。

アマゾンでは「ベストセラー」となっているものが一番売れていて人気のある商品です。

ではアマゾンでレビュー数・☆評価ともに多い脳トレーニングはこちら




◆ 楽天 → 英語音読でらくらく脳トレ [ 川島隆太 ]


◆ アマゾン → CD付 英語音読でらくらく脳トレ


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

近年の英語教育事情は5年前と比べてみると随分と様変わりしてきていますね。


大学入試の改革や英語学習の低年齢化、外国人観光客の増加など英語教育は益々、重要性を深めています


TOEICテストの受験者数も年々増加傾向にあります


日本国内で日本語教育を学ぶ留学生も2012年以降20%~35%の伸び率を毎年、更新しています。

この伸びに対し日本語教師が圧倒的に不足、日本語教育の現場では売り手市場となっているのが現状です。


英語必須教科の低年齢化に伴い児童英語市場も伸びていて、英語を強化する学校教育の変化に合わせ小学校英語教師、英語教室の先生の需要も高まっています。







つまりビジネスや受験対策としての英語習得から「食べていける英語」習得へと変化しているのが今の日本の英語環境。


ただ、膨大に氾濫する英語教材の中から自分に合った英語教材を選ぶのは至難の業


何年、勉強しても成果がちっぽけなものなら大切な時間を無駄に浪費しているだけ。


なので今人気の英語教材を実際に体験している生の声はとってもプラスになります








▼ アルクの定番講座 おすすめ ▼


1000時間ヒアリングマラソン(12カ月コース) → 3800社以上の研修用教材として採用されています


TOEIC(R)L&R TEST完全攻略シリーズ → 「超入門」「500点」「600点」「700点」「800点」「900点」の6コースのMP3版とCD版があります


NAFL日本語教師養成プログラム → 日本語教師を目指す人のための総合教材


アルク児童英語教師養成講座 → 小学校英語指導者資格の取得を目指す教材



▼ アルク 人気講座のランキング ▼


第1位 1000時間ヒアリングマラソン (12カ月コース)
一般販売価格:53,784円(税込)

第2位 TOEIC(R)L&R TEST 完全攻略500点コース
一般販売価格:MP3版 32,400円(税込)、CD版 35,640円(税込)

第3位 TOEIC(R)L&R TEST 完全攻略600点コース
一般販売価格:MP3版 38,880円(税込)、CD版 42,120円(税込

第4位 ヒアリングマラソン 6カ月コース
一般販売価格:30,240円(税込)

同率5位 TOEIC(R)L&R TEST 完全攻略700点コース

一般販売価格:MP3版 47,520円(税込)、CD版 51,840円(税込)]

同率5位 エンジェルコース
一般販売価格:31,320円(税込)

第6位 新これならできる!TOEIC(R)L&R TEST 超入門
一般販売価格:MP3版 22,680円(税込)、CD版 24,840円(税込)

第7位 ヒアリングマラソン 中級コース
一般販売価格:38,880円(税込

第8位 小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース
一般販売価格:84,240円(税込)

第9位 TOEIC(R)L&R TEST 完全攻略800点コース

一般販売価格:MP3版 54,000円(税込)、CD版 59,400円(税込

第10位 NAFL日本語教師養成プログラム

一般販売価格:101,520円(税込)


アルクショップおすすめキャンペーン情報はこちら










東京SIM外語研究所
TOEICスコアが150点以上UPする教材「スーパーエルマー」とは?   






スーパーエルマーではTOEICテストに最適と言われているニュース英語で学習します。


▼▼▼ ニュース英語がTOEICに最適な理由 ▼▼▼


・ 発音が正しくクリアであるためリスニング学習に最適

・ 英語の標準語であるため訛りやクセがなく安心して学習ができ自信もつきます

・ 文法がしっかりしているため意味や内容がしっかり把握できる

・ 時代の先端を行く英語力が身につきます

・ 知識が豊富になり世界情勢に詳しくなれる

・ 学習素材の量が豊富なのでリスニングの量の確保が容易

・ 新鮮な内容で飽きないので学習の継続力がつく

・ ニュースの背景を通して難しい英語も簡単に理解できるようになる

・ 英語力の幅が広がるので対応力が身につき基礎知識が強化される





英語伝の学習教材で人気のあるスーパーエルマー

コースが分かれているのですが違いはこんな感じになっています。

英語教材でスーパーエルマーを検討している方はコースの確認だけはしておきましょう


▼▼▼ スーパーエルマー VOAコース ▼▼▼

VOAコースの特徴は

・ TOEICスコア600点未満
・ 英検3級~2級程度

の方が対象のコースになっています。

VOAコースは米国営の国際放送機関ボイス・オブ・アメリカのスペシャルイングリッシュが教材になっています。

コアボキャ1500語、話すスヒード100語から初心者向け内容でスタート

最終的には中級レベルの130語/分までスピードアップしていきます。


楽天 → スーパーエルマー VOAコース



▼▼▼ スーパーエルマー CBSコース ▼▼▼

CBSコースの特徴は

・ TOEICスコア600点以上
・ 英検2級~準1級程度

の方が対象のコースになっています。

CBSコースは米三大ネットワークの一つであるCBSのテレビ番組CBSイブニングニュースが教材になっています。

教育・医療・経済・政治・文化などバラエティー豊かなトピック内容で英語学習が飽きない仕組みになっています。

英語の頂点を目指す方にお勧めの教材です。


楽天 → スーパーエルマー CBSコース


このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


英語外部検定利用入試 略して外検入試


外検入試とはどのようなことなのでしょう


外検入試を導入する大学が急増しているということで、これから大学入試を目指している方には知っておきたい情報のひとつかも知れません。


まずは外部検定とは英検、TEAP、TOEFL、TOEICなどがあります


この検定結果を利用することで大学受験で有利になることが多いそうです。


外検入試を利用する大学が急増しています


私も常々思っていたのですが英検や漢検で合格したなら、その結果を受験校に知らせるというシステムが構築されているようです。


つまり一発勝負の入試・受験に「普段からガンバッテますよ~」という結果を利用するのに英検や漢検の成績が加味されるということ。


もちろん、ある程度の知識やレベルが必要になることは言うまでもないが、この制度を利用する大学が増えているのは喜ばしいことだ。


外部検定の主な利用方法としては

英検準2級保持者 → 出願が可能

英検準2級を持っていない → 出願できない


外部検定での得点加算

英検準2級を持っている → 70点
英検2級 → 80点
英検準1級 → 100点

英検準2級を持っていない → 大学独自の合否判定


つまり英検準2級以上の成績を残していると出願することもできるし得点も加算されるという仕組みなんですね。


これは利用しない手はありませんね。


しかもこの仕組みを利用する大学が急増しています。


この他にも総合点に加算する大学もあります。


ただ英検に合格してから2年以内のものが有効、という大学もあり大学によっては加算内容や有効期間も違うようなので調べてみる必要はあります。


ただ大学受験の合否判定に何らかの優遇が行われることがありますので


自分の目指す大学が外検入試の対象かどうか事前に調べておきましょう


2019年度入試 英語外部試験利用入試を実施する主要私立大学一覧(Adobe PDF)

2019年度入試 英語外部試験利用入試を実施する国公立大学一覧(Adobe PDF)



楽天 → 中央大学(総合政策学部ー一般入試・英語外部検定試験利用入試・センター併用方式)(2019) (大学入試シリーズ)


アマゾン → 中央大学(文学部−一般入試・英語外部検定試験利用入試) (2019年版大学入試シリーズ)



このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

↑このページのトップヘ